ブログ

教育カウンセラー養成講座、講師紹介

■みなさま
高知県教育カウンセラー協会事務局、WEB・Mail担当者です。
本日は、養成講座に向けて当協会の役員会です。多くの方に学びを深めていただけるよう準備万端にしなければなりません。役員・事務局一同、先生方のご参加をお待ちしております。
お申し込みはメールフォームからお願いいたします。お申込締切は、7月24日(金)です。


■教育カウンセラー養成講座高知県会場、3日目の講師は石黒康夫先生です。
2015年8月9日(日)
・午前9:30~12:30
「通常学級における特別支援教育の在り方」石黒康夫先生(逗子市教育委員会教育部長)
・午後13:30~16:30
「困難を乗り越える学校づくり~教師がチームで困難を乗り越えていく方法」石黒康夫先生(逗子市教育委員会教育部長)
・午後16:30~17:00、初級教育カウンセラー認定のための筆記試験

・「石黒先生は、鹿嶋先生とともに東京の困難校を立て直されてきた手腕の持ち主です。そのノウハウを高知で伝授してくださいます。これは、中学校の先生方必見ではないかと思うのですが・・・・・、」と当協会の会長が言っています。

・石黒先生の教育実践は、SGEのサイトにあります。
「ブリーフセラピーを生かした不登校生徒への対応-中学校長による介入のドキュメント-」
公立中学校の校長である石黒康夫先生が,12月から不登校生徒(A君・3年生)の対応にあたりました。進路のこともあり,できるだけ早く成果を上げなければいけません。カウンセリング技法の中でも,即効性のある「ブリーフセラピー」を活用し,10回程度の面接をしました。卒業式目前,ついにA君は学校に来て,クラスの友達数人と笑顔を交わせるまでになりました。校長先生の面接で何があったのか。校長自身による面談の記録を連載で紹介します。ブリーフセラピーの活用はもちろん,教師の経験に支えられた何気ない雰囲気の語りは必見です。

・この講座では、日本型スクールワイドPBS研修プログラムの演習を行います。
石黒先生より「せっかくの機会ですから、演習をさせていただきます。鹿嶋先生や図書文化の方とも相談しましたが、実用に耐えそうなのでやらせて頂こうと思います。」とメールをいただいています。
送っていただいた実施要項には、
「日本型スクールワイドPBSの秩序回復とチームビルディング機能の仕組みや手順を理解し、手順の一部を疑似的に体験することで、導入する場合にリーダーシップを図れるようにする。」とあります。

・スクールワイドPBSについては、以下をご覧になると分かりやすいかもしれません。
大久保賢一@畿央大学のブログ、格物究理(かくぶつきゅうり)
 「スクールワイドPBS−学校全体で取り組むポジティブな行動支援−」を出版しました

どのような演習になるか、大変楽しみです。
1日のみのお申し込みも可能です。お申し込みをお待ちしております。
http://jecakochi.org/?page_id=104


■20日までにお申し込みいただいた皆様には、関係書類を送付しています。
参加に関して、ご不明の点がありましたら、お気軽にご連絡ください。
高知県教育カウンセラー協会事務局、WEB・Mail担当者

■Facebookのアカウントをお持ちの皆様へ
高知県教育カウンセラー協会のfacebookページに「いいね!」をお願いします。
・facebookページも随時更新中です。ぜひご参加ください。
・会員の先生方が交流につながればいいな、と思っています。